スポーツ大会記録




平成29年度




第47回日盲連東海地区グランドソフトボール大会


開催日:平成29年5月21日(日)
会場:三重県身体障害者総合福祉センターグランド。

一回戦 静岡県対岐阜県  10対2で静岡県の勝利。

先発投手静岡県村松 捕手渡辺昌之
 1回表岐阜県は6番全盲がフォアボールを選び押し出しで1点先制。1回裏静岡は3番
飯田のレフト前ヒットで1点、5番伊藤の三塁強襲ヒットで2点を入れ、3対1と逆転。
2回裏静岡県は1番市川のホームランで1点、5番伊藤の押し出しフォアボールで1点、6
番村松の三塁強襲ヒットで1点加え、6対1。
3回表岐阜県はセカンドゴロで1点3回裏静岡県は2番相場のレフト前ヒットで2点、5
番代打大庭のショート内野安打で1点、7番加藤が押し出しフォアボールで1点、試合
終了。
10対2で静岡県の勝利。


決勝戦 三重県対静岡県  三重県7対6静岡県

静岡県投手:村松、捕手:遠藤
※以下ストライクはS、ボールはB、ファウルはFで記す。

1回表静岡県 2点。 
1 ショート市川 ホームラン1点先制。
2 セカンド相場 S、B、F、B、F、三振。
3 ライト飯田 二塁打 1アウト2塁。
4 ライトショート岡村 B、S、キャッチャー内野安打 1アウト1、3塁。
5 ファースト伊藤 センターゴロ 二塁アウト 1点追加。2アウトランナー一塁。
6 ピッチャー村松 F、S、F、三振。

1回裏三重県 7点。
1 西脇 弱視 B、B、、ショート悪送球0アウト1塁。
2 大堀 弱視 センター前ヒット 0アウト1、2塁。
3 羽藤 全盲 S、S、B、B、二塁エラー0アウト満塁。
4 加藤 弱視 S、B、B、S 、走者一掃の3塁打で3点逆転 0アウト3塁。
5 中村 弱視 B、B、B、フォアボール。0アウト1、3塁。
6 赤城 全盲 B、S、B、B、フォアボール 0アウト満塁。
 静岡県投手名倉に交代。
7 伊藤 弱視 B、B、S、B、ライト前ヒット 三重県1点追加、0アウト満塁。
8 浜野 全盲 S、B、S、三振 1アウト満塁。
9 武田 弱視 B、B、S、B、フォアボールで1点追加、1アウト満塁。
10 高田 全盲 B、B、B、S、フォアボールで1点追加。1アウト満塁
1 西脇 弱視 B、ライトゴロ2塁アウトで1点追加し7点目。、2アウト1、3塁。
2 大堀 弱視 B、S、B、B、S、F、三振。
三重県 7体2静岡県。

2回表静岡県 0点。
7 加藤 B、セカンドゴロ。
8 藤原卓也 B、ライトショートゴロ。
9 遠藤 B、B、B、フォアボール 2アウト1塁。
10 名倉 B、セカンドゴロ。

2回裏 0点。
3 羽藤全盲 S、S、B、B、三振。
4 加藤弱視 B、B、B、フォアボール 1アウト1塁。
5 中村 S、ショートゴロ、セカンドフォースアウト、1塁送球でダブルプレイ。
三重県 7対2 静岡県

3回表 静岡県 3点。
 市川 三塁打0アウト3塁。
2 相場 ホームランで2点加え反撃。
3 飯田  B、S、3塁打 0アウト3塁
4 岡村 B、B、B、フォアボール 0アウト1、3塁
三重県投手高田から赤城に交代
5 伊藤 B、B、F、B、フォアボール 0アウト満塁。
6 村松 S、S、F、B、三振、1アウト満塁。
7 加藤 B、B、センターゴロで1点 2アウト1、3塁。
8 藤原卓也 S、ライトショートゴロ。

3回裏 三重県 0点。
6 赤城全盲 B、S、B、B、フォアボール 0アウト1塁。
7 伊藤 F、F、B、セカンドゴロ2塁アウト 1アウト1塁。
8 浜野 全盲 B、B、B、フォアボール 1アウト1、2塁
9 代打 浜田弱視 F、B、F、B、B、F、ショートゴロ三塁フォースアウト 2
アウト1、2塁。
10 うに 全盲 B、S、B、B、S、フォアボール2アウト満塁。
1 西脇 弱視 ショートゴロ 3塁アウト。
三重県 7対5 静岡県

4回表 静岡 1点。
9 代打 大庭 F、B、F、1塁ゴロ。
10 名倉 B、セカンド内野安打 1アウト1塁。
1 市川 B、B、B、F、フォアボール 1アウト1、2塁。
2 相場 B、B、B、S、フォアボール 1アウト満塁。
3 飯田 ライト前ヒットで 1点追加、1アウト満塁。
三重県投手赤城から浜野に交代
4 岡村 S、S、B、三振 2アウト満塁。
三重県投手 浜野から赤城に交代。
5 伊藤 B、F、S、F、B、F、F、B、F、三振。
試合終了

三重県が7対6で静岡県の追撃をかわして優勝。
浜松支部  五十嵐 正吾



第7回 東海地区盲社会人卓球大会


日 時:平成29年5月4日(木)  9時〜16時
会 場:名古屋市障害者スポーツセンター
参加者:85名

この大会は、東海地区(三重県、岐阜県、名古屋市、愛知県、静岡県)のsttの愛好者が日ごろの練習の成果を発揮する大会です。
静岡県選手は年々レベルが向上してきました。
今回も、静岡県選手同士が決勝トーナメントで戦うという白熱した試合もありました。
以下は、試合結果です。
☆がついているのが、静岡県の選手です。

男子A(アイマスク有り) 
☆優勝   伊藤喜秋(静岡県) 
準優勝   村松明雄(愛知県) 
3 位   大内敏治(名古屋市) 

女子A(アイマスク有り) 
優  勝  黒田智子(三重県) 
☆準優勝  伊藤貴子(静岡県) 
☆3 位  鈴木悦子(静岡県) 

アイマスクなし 男女混合B 
優 勝   大久保武(三重県) 
準優勝   村井正治(三重県) 
3 位   鳥居勇次(三重県) 
浜松支部  赤堀 奈津子



平成28年度




第19回東海地区フロアバレーボール大会


日 時:平成28年12月4日(日) 10時〜16時
会 場:静岡県総合社会福祉会館シズウエル体育館
参加者:50名

12月4日に第19回東海地区フロアバレーボール大会が県総合社会福祉会館シズウエルで開催された。
参加チームは4ちーむで、トーナメント戦で熱戦が繰り広げられた。
静岡県チームは、昨年度優勝した岐阜県ちーむに勝利して、3位と健闘した。
静岡県チームのメンバーは、監督飯田修平。
全盲選手「五十嵐正吾 藤原拓也 間千夏 村松伸明」
弱視「伊藤彰浩 岡村僚 片平考美 渡邉昌之」
の9名で臨んだ。

試合結果は次の通り。
第1試合 名古屋対静岡  第1セット15対4 第2セット15対9で、セットカウント2対0で名古屋の勝利。
第2試合 三重対岐阜 第1セット 13対15 第2セット15対6 第3セット 15対13で、セットカウント2対1でみえけんの勝利。
3位決定戦 静岡対岐阜 第1セット9対15 第2セット 15対12 第3セット 15対11で、セットカウント2対1で静岡の勝利で静岡チームが3位。
決勝戦 名古屋対三重 第1セット15対8 第2セット15対10で、セットカウント2対0で名古屋の勝利で名古屋チームの優勝。
袋井支部  名倉 秀幸



第6回東海地区盲社会人サウンドテーブルテニス大会


日 時:平成28年11月13日 9時〜16時
会 場:三重県身体障害者総合福祉センター
参加者:56名

静岡県の上位入賞者が少し少なかったようにも思いますが、この結果をばねにしてなお一層励んでいただきたいと思います。
なお、三重県の担当者から、遠くから多数の参加者を感謝しますとのメッセイジをいただいたことを申し添えておきます。

対戦結果
男子の部
優勝    伊藤 喜秋(静岡県)
準優勝   村松 明雄(愛知県)
三位    堀 剛(三重県)

女子の部   
優勝    東 千秋(三重県)
準優勝   小栗 道代(名古屋市)
三位    小林 里美(静岡県)

男女(オープン)の部
優勝    村井 正治(三重県)
準優勝   鳥居 勇次(三重県)
3位   園部恵み
島田支部  杉浦 彰



第46回日盲連東海地区グランドソフトボール大会


開催日:平成28年5月14日(土)〜15日(日)
会 場:愛知県立名古屋盲学校・名古屋市立振甫中学校

第一試合 静岡県 対 愛知県 11:00〜12:40
ピッチャー村松の好投と堅い守備で接戦を制して静岡県の勝利。
1回裏に五十嵐の内野ゴロで1点先制。
5回表に押し出しフォアボールで同点に追い付かれる。しかし、6回裏1アウト満塁から赤堀のセンター前ヒットでサヨナラ勝ち。詳細は以下の通り。

イニング詳報
1回裏
 1番市川ヒットで無死二塁。2番飯田ライトフライ。3番伊藤ヒット。一死一、三塁。4番五十嵐アウトの間に市川ホームイン1点先制。二死一塁。5番加藤四球二死一、二塁。6番岡村フライアウト。1対0

2回裏 
7番中村ヒット。無死一塁。8番名倉ゴロでセカンドフォースアウト。一死一塁。9番赤堀の代打、渡辺昌之アウト。二死一塁。10番村松アウト。1対0。

3回裏 
市川センターヒット。無死一塁。飯田全盲キャッチのレフトゴロ。一死一塁。伊藤ヒット。一死一、三塁。五十嵐アウト。二死二、三塁。加藤アウト。1対0

4回裏 
岡村アウト。中村センターヒット。一死一塁。名倉セカンドフォースアウト。二死一塁。赤堀 四球。二死一、二塁。村松三振。1対0。

5回表押し出しフォアボールで同点に追いつかれる

5回裏 
市川四球。無死一塁。飯田全盲キャッチのレフトゴロ。一死一塁。伊藤内野ゴロの間に市川3塁。二死三塁。五十嵐全盲キャッチアウト。1対1。

6回裏 
加藤 レフトヒット。無死二塁。岡村ヒット。無死一、三塁。中村敬遠。無死満塁。三塁ランナー加藤に変わり代走遠藤。愛知のピッチャー交代。名倉三振。一死満塁。赤堀ヒットで遠藤ホームインしてサヨナラ勝ち。
2対1で静岡県勝利。

第2試合 決勝 静岡県 対 三重県 14:00〜15:40
1回表
市川二塁打。無死二塁。飯田四球。無死一、二塁。伊藤セカンドフォースアウト。一死一、三塁。五十嵐 内野ゴロ 3塁市川アウト。二死一、二塁。加藤ヒットで満塁。二死満塁。岡村 アウト。

1回裏 
三重県1番二塁打の後、2番背番号10のホームランで2点先制される。3番四球。ピッチャー名倉へ交代。その後、四球で3点追加。0対5

2回表 
中村アウト。名倉全盲キャッチアウト。赤堀の台だ渡辺昌之ヒット。二死一塁。村松全盲キャッチアウト。

2回裏
三重県満塁の後、ヒットと四球で6点取られる。
ピッチャーを名倉から村松に交代。ヒットで1点取られる。0対12

3回表 
市川センターヒット。無死一塁。飯田四球。無死一、二塁。伊藤ヒットで市川ホームイン。1対12。無死一 三塁。五十嵐ヒットで飯田ホームイン。2対12。無死一、三塁。加藤ヒットで満塁。無死満塁。岡村アウトの間に伊藤ホームイン。3対12。一死に、三塁。中村 ダブルプレイ。3対12。

3回裏三重県 背番号30のホームランで1点追加。3対13。

4回表 
藤原よしお アウト。遠藤アウト。村松アウト。

5回表 
市川二塁打。無死二塁。飯田アウト。伊藤アウト。五十嵐二塁打で市川ホームイン。4対13。二死二塁。加藤四球。岡村アウト。4対13で試合終了。

13対4で三重県の優勝。
浜松支部  五十嵐 正吾



平成27年度




第18回フロアバレーボール東海大会


開催日:平成27年12月13日(日)
会 場:愛知県立名古屋盲学校体育館

静岡県は1試合目岐阜県と対戦しセットカウント2対1で負けました。しかし全てのセットが3点以内と接戦でした。
1試合目の出場メンバーは、後衛、市川翔太さん、渡辺昌之さん、片平考美さん、前衛は藤原卓也さん、村松伸明さん、岡村僚さんでした。
2試合目は三重県と対戦しセットカウント2対0で勝利しました。
出場メンバーは村松さんの代わりに五十嵐、片平さんの代わりに伊藤彰浩さんでした。
1回しか練習できませんでしたが、3位になれて良かったです!
決勝戦は名古屋市が岐阜県を破り優勝しました。
浜松支部  五十嵐 正吾



第5回東海地区盲社会人STT静岡大会


開催日:11月8日(日)
会 場:静岡県総合社会福祉会館

11月8日の日曜日に静岡県総合社会福祉会館(シズウェル)で、第5回東海地区盲社会人サウンド テーブルテニス静岡大会が行われました。
県内にはstt大会に適した会場がないため、参加人数を少し少なくして行いました。
人数は少なめでしたが、全国クラスの実力者が勢ぞろいですばらしい試合が続きました。審判長の講評の仲にも、そのような言葉がありました。
第6階大会は三重県で行われます。県内の大会に参加してより上位を目指して頑張ってください。以下に大会結果を記します。

第五回東海ブロック盲社会人サウンドテーブルテニス静岡大会成績
アイマスク使用男子の部
一位  三重県 森 安彦 
二位  愛知県 村松明雄
三位  名古屋市 大内俊治

アイマスク使用女子の部
一位  静岡県 伊藤貴子
二位  三重県 黒田法子
三位  名古屋市 小栗道代

アイマスクなし男女混合の部
一位  三重県 村井正二
二位  静岡県 赤堀  実
三位  三重県 大久保 武 
島田支部  杉浦 彰



第16回若富士スポーツ大会 グランドソフトボール競技


開催日:平成27年9月20日
会 場:榛原総合運動公園ぐりんぱる

1回戦 中部ファイターズ対スルガジャガーズは13対0でスルガジャガーズが勝利しました。
スルガジャガーズは1回表11点を先行し、3回に2点を追加しました。
 投げては岡村投手、山口投手が0点に抑え完封勝利を収めました。

2回戦は、浜松クレバーズ対中部ファイターズは5対0で浜松クレバーズが勝利しました。
浜松クレバーズ藤原、中部ファイターズ堀井の先発で始まり、浜松クレバーズが着実に得点し勝利しました。

決勝戦は、浜松クレバーズ対スルガジャガーズの試合で4対1でスルガジャガーズが優勝しました。
スルガジャガーズは一回表クレバーズ先発の村松投手の立ちあがりを攻めて1点を先行しましたが、その裏浜松クレバーズは一点を返し同点においつきました。
スルガジャガーズは2回表飯田さんの2ランホームランで2点を勝ち越し、その後3回表にも1点を追加し、投げては岡村投手が1点に抑え完投し、4対1で勝利しました。
浜松支部  五十嵐 正吾


第4回エンジョイライフ視覚障害者卓球大会


日 時:平成27年6月20日(土) 8:30〜15 : 00
会 場:静岡県総合社会福祉会館2階卓球室5階音楽室
参加者:16名

選手・審判団・役員総勢30名以上の皆様が集まり、真剣勝負28試合が行われました。
初出場の方も二人おり、デュースまで頑張ってくださいました。
静岡県のレベルは全国的にもかなりのところにあります。これからもより高いレベルになるように番場って行きましょう。
以下に、大会結果を記します。

男子の部
1位  伊藤 喜秋(浜松市)  2位  村松 義幸(沼津市)  3位  藪崎和男(藤枝市)

女子の部
1位  伊藤 貴子(浜松市)  2位  小林 里美(浜松市)  3位  赤堀 奈津子(浜松市)
島田支部  杉浦 彰



第45回日盲連東海地区グランドソフトボール大会


日 時:平成27年5月24日
会 場:愛知県一宮総合運動場
参加者:19名

初戦は、三重県とあたり、初回と3回に1点ずつ入れられたが、4回に静岡は2アウト満塁として、藤原拓也選手がフォアボールを選び押し出しで1点を返し1対2とした。
5回には、1アウトから1番市川、飯田、加藤選手の3連続ヒットで同点に追いつき、その裏の三重の攻撃を0で抑えて、時間切れとなって引き分けで抽選になった。
抽選結果は、静岡が8対2で勝ち、決勝戦に進んだ。
ちなみに、試合時間は、100分で行い引き分けの場合は、各チームから10名ずつ出てカードを引き○の多いチームが勝ちとなる。

決勝戦は、愛知と行い初回に1点を入れられたが、その裏に静岡は、打者一巡で4点を入れたが、2回の表には、愛知が3点を入れ4対4の同点となった。
その裏静岡は、1点を入れ勝ち越したが、3回には、愛知に3点を入れられ7対5と逆転された。
最終回の5回には、1番の市川選手のホームランで1点差に追い上げ、なおも、1アウト満塁と攻め、2試合を投げたピッチャーの村松選手のセカンドゴロで、同点に追いつく粘りを見せたが、後続のバッターが続かず、試合終了となり、またもや7対7の同点引き分けとなった。
抽選の結果は6対4で愛知に軍配が上がり、愛知が優勝、静岡は、惜しくも2位となった。
袋井支部  名倉 秀幸



平成26年度



STT静岡県大会


開催日:11月9日
会 場:静岡県総合社会福祉会館
参加者:14名

本年も県視協主催のstt大会が11月9日に静岡県総合社会福祉会館で行われました。
参加者は男女アイマスクありがそれぞれ5名ずつ、アイマスク無は男女混合でしたが4名、計14名でした。
人数てきには少しさみしかったのですが、アイマスク無に須藤会長が参加してくださり盛り上げてくださいました。会長の試合にはみなさんが注目されておりました。
また、審判員からは実力伯仲のお言葉をいただきました。
現に男子ではフルセットの試合が半数以上で、あるていど予想されたので、選手の皆様には申し訳なかったのですが、12点オールとなった時は、片方のせんしゅが13点目を取った時点で終了とさせていただきました。苦肉の策としてご容赦いただきました。

大会記録
 男子 アイマスクあり
1位:   伊藤吉秋(浜松市)
2位:   藪崎和男(藤枝市)
3位:   杉浦彰(島田市)

 女子 アイマスクあり。
1位:   伊藤貴子(浜松市)
2位:   星野馨(静岡市)
3位:   小林里美(浜松市)

 アイマスク無 混合。
1位:   勝村みどり(霜田市)
2位:   勝村和彦(霜田市(
3位:大森太一(静岡市)
島田支部  杉浦 彰



stt全国大会




伊藤貴子さんのプレイです伊藤貴子さんのメダルの授与式です伊藤吉秋さんのプレイです


開催日:平成26年10月12・13日
会 場:国立市玉スポーツセンター

今年の大会は例年の9月とは違い、10月の12〜13日の両日、国立市の玉スポーツセンターで行われました。選手役員、総勢で130人ほどの大会でした。
試合数も127とさすが全国大会だなと思いました。試合数もそうですが、実力の高さと激しい打ち合いに感動を覚えました。
審判への選手からのバッドマナーは特にありませんでしたが、ビャラリーの発言など、大会後の実行委員会での議事録に乗るようなバッドマナーがありました。
我が静岡県からは、東海大会女子で優勝された、伊藤貴子さんと、男子で3位となった伊藤吉秋さんのおふたりが参加され、伊藤貴子さんが3位に入賞されました。

大会結果
 アイマスクあり 男子の部
1位 井口靖也 (山梨県)。
2位 横手勤 (埼玉県)。
3位 佐藤良彦 (仙台市)。
3位 源喜代志 (福井県)。

 アイマスクあり 女子の部
1位 山崎智恵子 (川崎市)。
2位 高橋ミヤ (神奈川県)。
3位 住吉冬子 (長野県)。
3位 伊藤貴子 (静岡県)。
島田支部  杉浦 彰



第15回わかふじスポーツ大会stt大会



男子表彰式STTをしています女子表彰式

開催日:9月15日(月)
会 場:静岡県武道館

選手一人ひとりのレベルは年々上がっており、審判団の方々からも、試合が高度になってきたとのお言葉をいただけるようになりました。
熱戦が多くて予定の時間を30分ほどオーバーしてしまいました。

男子1部:   1位  大森太一静岡市。
男子2部:   1位  伊藤喜秋浜松市
        2位  古屋英樹静岡市
        3位  藪崎和男藤枝市  村松義幸沼津市

女子2部:   1位  伊藤貴子浜松市
        2位  小林里美浜松市
        3位  星野馨静岡市
島田支部  杉浦 彰


第15回わかふじスポーツ大会グランドソフトボール大会



開催日:9月14日
会 場:エコパ多目的広場グランド

 第1試合 西部対中部  12対1で西部。
西部村松伸明、中部杉浦の先発ピッチャーで始まり、西部チームが着実に得点を挙げて、リリーフに村松芳容(よしひろ)を送り、中部チームを1点に抑え、西部の勝利。

第2試合 東部対中部  7対3で東部。
東部岡村、中部堀井の先発ピッチャーで始まり、東部チームが飯田の3ランホームランなどで得点し、岡村が中部チームの反撃を3点に抑え東部の勝利。

決勝戦 東部対西部  2対2同点でパーセンテージ方式で西部優勝
東部岡村、西部村松伸明の先発ピッチャーで始まり、1回表に東部チーム中村、伊藤彰浩(あきひろ)のタイムリーヒットで2点先制。
3回裏に西武チーム片桐、赤堀のタイムリーヒットで2点得点し同点。
4回裏途中、90分の試合時間が過ぎ、同点で試合終了。
ルールによりパーセント方式で西部チームの優勝。


第44回日盲連東海地区グランドソフトボール大会 岐阜県



開催日:5月18日(日)

1回戦 対 三重県。
1回と3回に2点ずつ取り、4点先行。
その裏三重県に3点取られ4対3。
最終回に飯田君のホームランで、ダメ押しの1点を取り、5対3で、静岡県チームの勝利。
ピッチャーは村松伸明君が完投。

決勝戦 対 愛知県
1回表1アウト満塁のピンチに、全盲のライトショート藤原拓也君が、センターへの強い当たりをファインプレイで捕球し、ダブルプレイで凌ぐ。
その裏1点先行し1対0。
2回に2点取られ逆転され1対2。
3回に静岡も2点取り、再逆転して3対2。
最終回に3点取られ、3対5。
その裏全盲の村松芳容(よしひろ)君の2塁だで1点差とし、なおも2アウト満塁まで攻めたが、最後のバッターがショートゴロで試合終了。
ピッチャーは1回戦に引き続き、村松伸明君が完投したが、惜しくも33年ぶりの東海大会制覇はならず、準優勝に終わった


全日本視覚障害者卓球連盟東海地区ブロックstt大会 名古屋市



開催日:5月5日(月)  

静岡県からは7名の選手が参加し、優勝二人、3位二人という優秀な成績を収めました。
参加者は50名ほどと、いつもと変わらなかったのですが、テーブルの配置を考えてくださり、今までのようなにぎやかさを感じませんでした。
そのような環境のもと、厳しくも的確な判断をする審判団により、スピーディーに試合は信仰されました。来年度は静岡県が主催してこの大会を行わなければなりません。
多数の方のお力添えで運営されて行く大会を目の当たりにしている内に、全ての方への感謝の気持ちを強く感じた1日となりました。
また、2009年のルール改正により、(明確な音)という言葉は削除されているとはいうものの、とても良い音で打球しているなということを感じました。

第4回東海地区ブロックstt大会成績
  男子a.(アイマスクしよう)
1位:  大内俊治(名古屋市)
2位:  堀剛(三重県)
3位:  伊藤喜秋(静岡県)

  女子a.(アイマスク使用)
1位:  伊藤貴子(静岡県)
2位:  川本三奈(三重県)
3位:  赤堀奈津子(静岡県)

  男女混合b(アイマスクなし)
1位:  赤堀実(静岡県)
2位:  岩瀬百合枝(愛知県)
3位:  岩瀬文昭(愛知県)
ライター 杉浦 彰

ご意見、ご質問などございましたら、メールでこちらまでお寄せください。

■視覚障害者スポーツの普及についてのページへ■各部紹介ページへ

■トップページに戻る



公益社団法人静岡県視覚障害者協会
E-mail: info@shizuoka-kenshikyo.org
※ @は半角に置き換えて下さい
電話/FAX: 054-251-8090

Copyright since2004 (公社)静岡県視覚障害者協会.