視覚障害者スポーツの普及について



本会では、視覚障害者でもできるスポーツの普及を支援しています。
クラブのある、グランドソフトボール、サウンドテーブルテニス、ブラインドテニスなどを始め、フロアバレーボールやフライングディスク協議を応援しています。
全国レベルの大会も開催されていて本県からも毎年参加しています。
種目毎にクラブもありますので、お問い合わせください。


大会記録

グランドソフトボールクラブ


 現在は「グランドソフトボール」と命名された野球ですが、以前は、「盲人野球」の競技名で行われていました。視覚障害者のスポーツの中でも、一番盛んな団体競技です。
静岡県内で初めて盲学校野球大会が開催されたのは、1958年(昭和33年)でした。翌年には、東海地区の8校で東海大会が開催されました。
以後、学校内では盛んに行われたスポーツです。
2009年第24回全国盲学校野球大会で、「浜松視覚特別支援学校」が、優勝しております。
一方社会人では、1974年盲社会人野球全国大会の地方予選の枠組みも形付けられ静岡県も東部地区、中部地区、西部地区の3チームで戦い、優勝チームを東海大会に派遣することになり、社会人の中でも盛んになっていきました。
1979年東部チームのスルガジャガーズが東海大会で優勝し、宮崎で開催された「全国身体障害者スポーツ大会」に出場し優勝しております。                    情報提供 加藤 達信様

東部地区 スルガジャガーズ


監督 須藤正起  電話0559-21-7672

1976年に県立沼津盲学校OBを中心に「スルガジャガーズ」が誕生。
1977年青森県で開催された 「全国身体障害者スポーツ大会」 3位
1979年宮崎県で開催された 「全国身体障害者スポーツ大会」 優勝
1981年滋賀県で開催された 「全国身体障害者スポーツ大会」 準優勝
2003年静岡県で開催された 「全国身体障害者スポーツ大会出場
現在は全国大会に出場したメンバーも変わり、新しい顔ぶれで、沼津視覚特別支援学校・静岡視覚特別支援学校などで、月に1度楽しみながら練習をしています。
                    情報提供 加藤 達信様

中部地区 中部ファイターズ


監督 斉藤 浩之 電話0543-45-4004

チームの創設ははっきりしませんが、県立静岡盲学校OBを中心に1967年(昭和42年)には活動を始めていたようです。
月に2回程の練習を20年余り続けておりましたが、近年は月に一度第4日曜日に、静岡視覚特別支援学校で練習をしています。
和気藹藹の楽しいチームで、若い人の加入を待っています。
                    情報提供 杉浦 彰 様

西部地区 浜松クレバーズ

 準備中

「グランドソフトボール」の詳細はこちら


STTクラブ


以前は盲人卓球と呼ばれていましたが、現在では「サウンドテーブルテニス」(STT)と改称されています。
近年県内でも競技者が増えているスポーツです。

sttクラブは、静岡県のスポーツ協会の中に2001年に誕生しました。当初は人数も6人ほどでしたが、しだいに増えてゆき、現在は30名ほどに、なりました。
また、2007年にはスポーツ協会からそれまでの実績を認められ、全国障害者スポーツ大会の派遣選手を推薦する権限を得ております。

最近では選手の実力も上がり、2013年度の東海地区ブロック大会では、3部門全てで静岡県選手が1位となり、全国大会に出場しています。

県大会としては、6月に県の福祉会主催の大会が、9月には、スポーツ協会主催の大会が、11月か12月には県視協主催の大会が行われます。そして翌年2月にsttクラブの主催によります大会が行われ、これら4大会を総合してstt総会で、全国障害者スポーツ大会の選手を推薦します。
また、県視協大会の1位の方が、東海ブロック大会などの、日盲連主幹の大会への選抜の権利を得ることになっています。

県内では、沼津市、静岡市、浜松市などで練習会が開かれています。
最初は、球の速さに驚きますが、続けて練習していただければ、きっと上手になります。まずは、お近くの練習会場におこしください。
老若男女どなたでも楽しくすごせます。
お問い合わせは、杉浦(0547−37−2237)まで、お願いいたします。

「サウンドテーブルテニス」の詳細はこちら


オレンジスマイル(ブラインドテニスクラブ静岡)



■ブラインドテニスってなに?
ブラインドテニスとは、目が見えない・見えにくい人でもプレイできるように工夫されたテニスです。
この競技の特徴の一つは、ルールのほとんどが一般のテニスと共通しているということがあげられますが、そのほかにも、次のような特徴があります。
@適度な広さのコート:コートの大きさは、バドミントン用コートと同じ、縦13.4メートル、横6.1メートルです。
A音のするスポンジボール:直径9センチのスポンジボールの中に、音の出る鉄球入りのプラスチックボールが埋め込まれています。ボールカラーは、黄色と黒色があります。
B有効バウンド数:視力や視野の程度によってクラスが分かれており、有効バウンド数がそれぞれ決められています。アイマスクを着用する全盲は3バウンド以内、弱視は2バウンド以内です。
C紐入りラインテープ:プレーヤが自分の立ち位置を把握できるように、コートの端とその中心(センター)の部分に、直径2ミリ程度の紐を通したラインテープを使います。
D掛け声を合図にプレー:「いきます」という呼びかけに「はい」と答えるところからサーブが始まります。

■静岡県での普及状況は?
ブラインドテニスのプレーヤーは、全国に350人いるといわれており、全国大会も毎年行われています。
静岡県では、本格的に普及促進活動を初めて2年おかげさまで2012年4月にはクラブを結成することができました。その名も「オレンジスマイル」。会員や体験者が少しずつ増えており、およそ50人ほどの愛好者がいます。

■一緒にプレーしませんか
ブラインドテニスは、視覚障害者向けスポーツの多くが2次元的であるのに対し、完全に3次元的なスポーツです。
前後左右に駆け回るだけでなく、バウンドしているボールを打つという、少しハードルの高いスポーツと言えるかもしれません。しかし、それだけに、やりがいがあるともいえます。安全が確保された空間を、思い切り駆け回り、テニスの面白さを実感してみませんか。
また練習会をサポート(ライン張り、球出し・球拾いなど)してくださる方も募集しています。

■練習会はいつ、どこで?
県内全域での普及を目指していますが、現在、中部地区と西部地区で定期的に練習会を開いています。東部地区については準備中です。
詳しくは、下記へお問い合わせください。
そのほか、どのようなことでもお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

●団体名:オレンジスマイル(ブラインドテニスクラブ静岡)
●氏名:土居由知(Yoshitomo Doi)
●電話:080-1292-4930
メール:yos.doi@gmail.com

「ブラインドテニス」の詳細はこちら


一般県民の皆さんにもボランティアとして、またプレーヤーとして、一緒に、楽しんでいただけると思います。

グランドソフトボールサウンドテーブルテニスブラインドテニス

ご意見、ご質問などございましたら、メールでこちらまでお寄せください。

問合せ先  公益社団法人静岡県視覚障害者協会事務局
〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-70 静岡県総合社会福祉会館内
電話/FAX: 054-251-8090
 (祝祭日を除く月曜日から金曜日まで12時30分〜16時30分)

■活動紹介ページに戻る■各部紹介ページに戻る
■トップページに戻る



公益社団法人静岡県視覚障害者協会
E-mail: info@shizuoka-kenshikyo.org
※ @は半角に置き換えて下さい
Copyright since2004 (公社)静岡県視覚障害者協会.